Pocket

こんにちは。

家具ののぐちウェブページ責任者の松尾です。

 

本日は家具屋らしく

「無垢材」と「突き板仕上げ材」の見分け方

を説明します。

 

当ページなどのインテリアにご関心のある方は

インテリアショップブログランキング

人気ブログランキングインテリアショップカテゴリー

ご覧になると楽しめるかと思います。

よかったらご覧になってみてください。

 

「無垢材」「突き板仕上げ材」(通称「突き板」)

家具にご興味のあられる方は

耳にしたことがある言葉かと思います。

 

「無垢材」は木そのもので作った材を指します。

丸太を切って乾燥させたものです。

木材の質感や肌触り、木目等木の感じを最も味わえる材になります。

ただし、きれいな無垢材は木から採れる量も少なくなりますし

希少ですのでお値段も高めになります。

 

また、木そのものですので

湿度等による影響等を受けやすくゆがみやすい材でもあります。

 

ただし、天然木独特の風合いは無垢材にしか出せません。

肌触りがよく、材の種類により異なる木の香りは

心を穏やかにしてくれます。

 

強度も強く接着剤等を使用していない

天然の木そのもののですので

非常に長持ちします。

 

たとえば木造のお寺や神社などの中には

建てられてから何百年も経過しているものもあります。

 

「突き板仕上げ材」とは木材を薄くスライスした

「突き板」を合板等の基材の表面に張り付けた材になります。

品質や仕上がりが均一で反りも少なく、

重量が軽いのが特徴です。

また価格も抑え目になっています。

 

さて、表題の無垢材と突き板材の見分け方です。

無垢材と突き板材は

表面だけ見て見分けるのは

非常に難しいです。

 

厚いか薄いかですので表面の見た目は変わりません。

 

 

ではどこで見分けるかと言いますと、

側面を見ます。木目の流れのある方の側面です。

天の木目に沿って側面を見ます

 

↓突き板材↓

 

↓無垢材↓

 

突き板材は天の木目と側面の木目の方向が違います。

張り合わせているところはあまり美しくないので

突き板やプリントで隠します。

隠すので木目の方向が変わります。

 

 

一方無垢材は天然の木そのものであるので

天の木目の流れと側面の木目の流れが自然になります。

突き板やプリントで隠す必要はありません。

 

 

このように無垢材突き板材かを見分ける時には

側面の木目の流れを見て判断します。

 

皆様も次回家具屋さん等を訪れた時に

確認してみてはいかがでしょうか。

————————————————————————————————

 

インテリアショップブログ人気ランキングはこちらです

 

人気ブログランキングインテリアショップカテゴリーはこちらです

 

PVアクセスランキング にほんブログ村